. .

管理人:nabi
現住所:神奈川県鎌倉市
生まれ:1977年

2015年2月に女児を出産しました。
鎌倉・大船での子育て満喫中。
子連れで行けるランチやお出かけスポット、
おすすめグッズなどの紹介をしています。

鎌倉に住んでいる方はもちろん、
鎌倉に遊びに来る方にも
お役にたてたら嬉しいです。

詳細プロフィール→profile

お問い合わせはこちら→お問い合わせフォーム

冷えとり唯一神説は誤解でした。

昨日の記事で、ちょっと敬遠していた「冷えとり」が心地よい、という話をしました。

気持ちがいいので、本格的にやってみようかなと思い、
気になりながらスルーしてきた冷えとりの本を読んでみましたよ。



読んだ感想は、「誤解していたかもしれない。。。」でした。

本の前半は病気と冷えとりについて書かれており、「なんでも冷えとりで解決!」のような内容に
「やっぱり無理かも。。。」とくじけそうになりました。

それでも読み進められたのは、はじめの方に書かれていた、周りに病院や薬を勧められた時の著者の回答。

その人はあなたのことを心配して言ってくれているわけですし、
関係が悪化してしまうほどなら、すすめに従ってみてはいかがですか p.23


「あれ?予想と違う」というのが第一印象。

勝手なイメージで「冷えとりが全て、病院や薬は絶対ダメ!」という主張かと思っていましたが、周りの人との関係を第一優先とするその考え方に共感することができました。

とはいえ、「すべての病は冷えが原因」とか言われると、
他の健康法などでも似たような文言見たことあるなー、と若干辟易したのも事実です。

とにかくさらに読み進めると、具体的な冷えとりの実践方法が紹介されます。

ここでも、意外と柔軟な考え方にいい意味で拍子抜け。


冷えとりを始めたいけれど、今はまだ手元に靴下がなくて、冷えとりができない、という人がいます。(中略)手持ちの靴下をとりあえず重ねて履いてみてください。 p.86


まずは冷えとり専用じゃなくてもOKなんですね。

冷えとり用の靴下って高いからそんなに一度に揃えられないです。
それでも、「病気になるよりはマシでしょ!」とばかりに
専用靴下を推し進めて来るのかと思いきや、「あるものでいいです」と。

それなら、「とりあえず、やってみようかな」ってなりませんか?
私はなりました。

本には、冷えとりの基礎が書いてあるけれど、100%それに従わなくてもいい。
自分のできること、心地いいことから始めましょう、というスタンスなのかな、と思いました。

私は、たった3〜4日の靴下生活で、タイツ&パンプスに戻る自信がありません。

大きめのブーツも買いましたよ。

冷えとり、ちょっと興味がある方は、ぜひ今のうちに始めることをお勧めします!

冬なら外が寒いから靴下を履く心地よさを強く感じることができるから。

私も、今が真夏だったら始めてないと思います。

あと、靴下はありものでいいのですか、もしあれば、一枚目に五本指ソックス、二枚目に先の丸いソックスを履くといいですよ。

一枚目から丸いものより暖かいです。

靴下の話ばかりしましたが、冷えとりは靴下だけじゃないです。

興味のある方は、ぜひ本を手にとってみてください。

私のように冷えとりを斜めから見てる方にも、「意外と柔軟かも」と思っていただき、
靴下履いてみようかな、と思っていただけたら、ちょっと嬉しいです。


【関連記事】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">