. .

管理人:nabi
現住所:神奈川県鎌倉市
生まれ:1977年

2015年2月に女児を出産しました。
鎌倉・大船での子育て満喫中。
子連れで行けるランチやお出かけスポット、
おすすめグッズなどの紹介をしています。

鎌倉に住んでいる方はもちろん、
鎌倉に遊びに来る方にも
お役にたてたら嬉しいです。

詳細プロフィール→profile

お問い合わせはこちら→お問い合わせフォーム

ワイン入門者にオススメ!ワイン専門店「エノテカ」が選ぶワインセットでおいしいワインをいただこう!

 

こんにちは。nabiです。
夏!ですね~。
夏といえばワインです!
機会があれば季節問わずに飲んでいますが、夏になると
積極的にワインが飲みたくなります。
白ワインやスパークリングと生牡蠣の組み合わせが最高に好きです!

ただ・・・ワインを飲むようになって5年以上たちますが、
選び方がよくわかりません。。。種類ありすぎだよ~!
ワインって名前が長くて覚えづらいし。。。


そんなときはプロに任せよう!
ということで、ワインを飲みはじめたころによく買っていたのが
エノテカの白ワイン6本セット。


個人的にエノテカの雰囲気が好き、というのもありますが、
5~6年前、ワインが飲めるようになった頃、某デパートの
エノテカショップに行き、一通り店内を物色したあとに
結局6本セットを購入する、ということをよくやっていました。
毎月テーマがあってそれに沿ったワインがセットになっているので
「今月はどんなテーマかな」という楽しみもありました。

ワインデビュー間もない私と、どちらかというとワインが
苦手だった主人を鍛えてくれたセット、といっても過言ではありません。

◆エノテカのセットを入門者に勧める理由3つ

その1.選ぶ手間がない
入門者にとってワインを買う時に一番困るのが
「どれを選んだらいいかわからない」ということではないでしょうか。

私も未だにわかりませんが、先日、ソムリエの方に
ワインを選ぶポイントを教えていただきました。
お話によると主に
・ブドウの品種
・産地
・ヴィンテージ(収穫した年)
がポイントなんだそうです。

確かに、食用のブドウだって、デラウェアと巨峰とマスカットでは
全然味が違うし、生産された場所や年によって味が違うのもわかる。
「今年のブドウは当たりだね~」なんて話したりしますよね。

でも、ポイントはわかったけど、じゃぁどれを選べばいいの?
となると、結局わからない。

教えていただいたポイントは、いろいろなワインを
飲んでいくなかで自分が好きな味、嫌いな味に出会ったときに
メモしておき、次買うときの参考にするものかな~と思いました。

私のようにこれまで人任せかジャケ買いしていた人、
またはこれからワインをたしなもうと思っている人には
感覚的な好み(辛口がいいとか、軽めがいいとか)は
あってもそれがどの品種なのかさえわからないのでは
ないでしょうか。

エノテカの6本セットなら、品種、産地、ヴィンテージも
様々な種類が楽しめるので、6本セットを飲みながら、
上記のポイントで自分の好きな味を探していったら
いいんだと思います。

ちなみに私はポイントを知らずにワインの名前を丸ごと
覚えようとしていたので、全くお手上げ状態でした。

その2.お得!
エノテカの6本セットは1本ずつ買うより断然お得です。

例えば、白ワイン8月のセットだとこちらの6本
・2011年 クラレンドル・ブラン・バイ・シャトー・オー・ブリオン ¥2,940
・2011年 レゼルヴ・デュ・ゴルフ・ブラン ¥2,625
・2012年 マコン・ヴィラージュ ¥3,675
・2011年 ピエトラ・ビアンカ ¥2,940
・2012年 エステート・セレクション・ザ・ストレイツ・ソーヴィニヨン・ブラン ¥2,940
・2012年 グランド・レゼルヴ・ホワイト ¥2,625

総額¥17,745がセットで購入すると28%OFFの¥12,600。
1本当たり¥2,100で楽しめます。
ワインってそこそこお値段するので、なかなか冒険しづらい。
選ぶときに困るのは「高いのに失敗したくない」と言う気持ちも
あるんだと思います。
1本¥2,100は失敗してもいいかな、と思えるお値段では
ないでしょうか。

その3.どのワインも美味しい
その2で「1本¥2,100円なら失敗してもいいかな」と書きましたが、
本当は失敗したくないんです私!
矛盾していますが、「¥2,100ならまぁいいか」と思いながら
心の底では「どうかどうか、美味しいワインでありますように!」
と手を合わせているのです。
だって楽しみに冷やしておいたワインが美味しくなかったときの
テンション急降下ぶりといったら。。。
しかも、捨てるのはもったいない、けど飲むのもきつい。
お料理にするにもそんなすぐに使わないし。。。
と、そのあとの扱いに困るんです。

その点、エノテカの6本セットは好みは多少あるものの、
あからさまに美味しくないワインには一度も
出会ったことがありません。
安心して一口目をいただける幸せ。
自分で選ぶ楽しみもあるでしょうが、それは後に置いといて、
まずはプロのチョイスに任せるのが外れないコツかもしれません。

ところでエノテカとはどういうお店なのでしょうか。
先日、あるセミナーでエノテカの方から直接お話をうかがう
機会がありました。

◆ワイン一筋25年

エノテカは、1988年設立のワイン商=ワイン専門の卸売業です。
゛FOR ALL WINE LOVERS゛(すべてのワイン愛好家のために奉仕する)を
理念としているそうです。
1,000種を超えるワインを取り揃えており、在庫数は、
ワインショップの中でも最大を誇る数なんだとか。
産地もフランス、イタリア、スペインなどのヨーロッパから
チリやアメリカ、南アフリカまで、各国のワインを
仕入れているようですよ。

◆自社輸入、直販によって実現するリーズナブルな価格

ワインを取り扱っているのは商社が多いそうですが、
商社の場合、私たちの手に届くまでに、商社→問屋→小売と
間に2種類の業者があります。
経由地が多いほどマージンと言うものが加算されるわけで。。。

その点、エノテカは自社輸入、自社直販。
つまり、エノテカ→消費者なので余計なマージンが
かからないのです。

◆最高のコンディションで販売

ワインは温度や湿度などで味が変わってしまう、デリケートな飲み物。
輸送状況や保管状態はワインのおいしさを左右する重要な条件ですが、
通常は輸送経路や輸送時の管理状況を実際に目で確認するとはできません。
エノテカは、シャトー蔵出し、ドメーヌ蔵出しに拘ることで、
輸送や保管時にも最高のコンディションを管理することができるのです。

また、消費者へ配送する際はワインを1本1本エアパッキンで保護し、
強固な専用段ボール箱を使って配送しているそうです。

ワイン専門店ならではのこだわりがつまったエノテカ。
6本セットも色々考えてチョイスしてくれているんだろうな~と
勝手に期待しちゃいます。

白ワインのセットだけではなく、赤ワインの6本セットや
赤白混ざったエノテカ・ボックスもありますので、いろいろ楽しめます。
しかもセットはみんな大好き『送料無料』!
私もオンラインで買えばよかったと今さら後悔。
皆さんも、セットを買うならオンラインがお勧めです♪

エノテカが美味しいワインをチョイスしてくれたお陰で、
私も主人もワインが好きになりました。
最近、家でワインを飲むことがめっきりなくなりましたが、
久しぶりにオーダーしてみようかな♪
皆さんも美味しいワインを楽しんでくださいね。

確かなクオリティのワインをお求めやすくいただくなら⇒エノテカ・オンライン

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

【関連記事】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">