. .

管理人:nabi
現住所:神奈川県鎌倉市
生まれ:1977年

2015年2月に女児を出産しました。
鎌倉・大船での子育て満喫中。
子連れで行けるランチやお出かけスポット、
おすすめグッズなどの紹介をしています。

鎌倉に住んでいる方はもちろん、
鎌倉に遊びに来る方にも
お役にたてたら嬉しいです。

詳細プロフィール→profile

お問い合わせはこちら→お問い合わせフォーム

苺尽くしの一日


晴天の日曜日、はとバスツアーで行く
「浜焼き食べ放題と苺尽くし」に参加しました。

・浜焼き食べ放題
・苺狩り(食べ放題)
・お花摘み
・苺尽くしのプレゼント(苺1パック、苺大福、苺ゼリー、苺の苗)
・お魚市場やお土産屋さんでのお買い物

と、盛りだくさんの1日でした~。楽しかった!



◆行きは爆睡

久しぶりに5時起きしました。
浜松町のバスターミナルを8時に出発するツアーだったため、
7時半に友人と待ち合わせ。

「眠い眠い」と思いながらバスに乗り、結構早い段階で
意識がなくなり、気付けば海ほたる。

10年以上前に一度行ったきりの海ほたる、リニューアルしたそうですが
以前を覚えていないので残念ながらまったくピンときませんでした。

ど~んと海!

今回も、ものすごく風が強かった、ということと、
お土産屋さんのハワイアン推し、くらいしか覚えておりません。

休憩の後は一路房総へ。
まずはきよっぱちお魚センターでお買い物です。
海産物からお菓子、野菜などいろいろありました。
皆さん、かごを持ってお買いもの三昧。

白魚の塩辛とか、初めて見るものもありました。
ドレッシングみたいに先が細くなっている瓶に
入っていたけれど、あれは最後まで取れるのか素朴な疑問。

大好きなソフトクリームがありました。
ビワ味とミルク味(だったかな?)
サービスで苺が乗っていて、すっごく!食べたかったけれど、
お昼と苺狩りが直後に控えていたので、我慢★

◆お買いもの後にプチプレゼント2つ
きよっぱちさんでお買い物をしてバスに戻った際、
苺大福と苺ゼリーをいただきました。


一瞬、「なぜこのタイミング?」と思いましたが、
どうやらきよっぱちさんの商品だったようです。
そういえば、入って真正面に、いただいた苺大福売ってたな。。。

◆メインイベントその1 浜焼き食べ放題
お買い物の後はお昼ご飯。11時少し前に到着しました。

同じくきよっぱちの「浜焼き市場」で浜焼き食べ放題。
団体様御用達なんでしょう、かなり手慣れたスタッフさんに
連れられて、スムーズに入店・着席。
説明を受けて、いざ、放題スタート!

一気に群がりました~。
ちなみにこの日はバス2台、80名のツアー。
それはもう、ガイドさんおっしゃる通り、まさに「戦場」。

私たちのツアーが一番乗りで、他にお客さんがいなかったのが救い。

殻つきのハマグリ、サザエ、ホタテがメインですが、
お肉や野菜、お惣菜もありました。
あと、酢飯の入った桶に自分で好きなお刺身を乗せて作る、
オリジナルの海鮮丼もありました。

貝の山

焼く。

大量に準備されている、海鮮丼のご飯が入っている桶。
ご飯の盛りは少なめでした。

貝、おいしかった~!
サザエはもともと苦手ですが、ハマグリ、ホタテはとても美味でした。
そうそう、皆さんサザエの身を取るのに苦労されていました。
店員さんにやり方を教わってもなかなかうまく取れなくて。
私もチャレンジしましたよ。
教えてもらったやりかただとサザエの固い蓋?みたいなものが
ついたまま、ぐるっと身を抜き出す感じだったのですが、
なぜかその蓋が外れ、すんなり取り出し成功。
うまいのか下手なのか、微妙なところです。

お惣菜やお刺身もおいしかったです。
ものすごく美味!というわけではありませんが、
十分満喫できる味でした。

ただとにかく暑い。
細長いテーブルにコンロがダーっと並んでいるので、
その熱で、店内がものすごい温度になります。
事前にやはり口コミで「暑い」と聞いていたので
かなり薄着していきましたが、正解でした。

ガイドさんのお話によるとエアコンがないみたいで。
夏に行かれるかたは扇子などを持っていかれるのが
よろしいかと思います。

あまりお腹いっぱいになっても苺が入らなくなる、
と思いながらも、気づけば結構お腹いっぱいになっちゃって
食べ放題恐るべし。

私たちが入った後も、他のツアーのお客さんたちが
どど~っと押し寄せていました。

食べ放題スタート直後は食材スペースがかなり込み合いますが、
食材が少なくなったら、お店の方がどんどん追加していってくれるので、
「後から来たら食べるものがなくなった」という心配はなさそうです。
食材の追加から貝の焼き方指南などなど、ここの店員さんは
キビキビしながらも感じよく、とてもよい接客でした。

◆メインイベントその2、苺狩り
食事の後は30分ほどバスを走らせて、苺狩りへ。
バスの中で、おいしい苺の見分け方と、食べ方を教えていただきました。

おいしい苺の見分け方
・色よくつややか
・ヘタの先が上にそっている
あと一個あったけど忘れてしまいました。ごめんなさい。
ヘタが上に沿ってるというのは初耳で、普通にお店で買う時にも
使えるな、と思いました。

食べ方
ヘタの部分から先っぽに向けて食べると、甘みが口に残り
後味がよいそうです。

苺って、ヘタを持って先っぽから食べがちですが、
逆のほうがより、おいしく食べられるようです。
これも知らなかったので、聞くことができてよかったです。

いちご

イチゴ


<

苺狩りの会場では、お花摘みもありました。

お花もいっぱい



ポピー!

ツアーは苺狩り食べ放題→苺1パック詰め放題→お花摘みの順番で
流れるように進む進む。。。

取れたて苺はおいしかったです~!
コンデンスミルクをいただきましたが、全然使わなくてOKでした。

ある程度は探す必要がありましたが、
「食べられる状態の実が全然ない!」ということもなく、
食べ放題を堪能しました。

苺1パック詰め放題は、はじめ「プレゼント」と聞いていたので
パック状態の苺をもらうのかと思っていたのですが、
空の容器を渡されて、自分で詰めるタイプでした。
食べ放題とは別のハウスで、狩りつつ詰めました。


自分で選んで詰められるのは意外で楽しかったです。

放題を堪能したら、出口では苺の苗が待っていました。
そう、苺の苗もプレゼントなのです。
それを持って、今度はポピーが咲いているハウスへ。


ポピー大好き!!!
もしかしたら苺よりもテンションが上がったかもしれない。。。
様々な色のポピーが咲き乱れるハウスの中で、浮かれながら
お花摘み。というかつぼみ摘み。

あまりに早いものを摘んでしまうと咲く前に枯らしてしまいかねないので、
膨らみかけている、もうすぐ咲きそうなつぼみを選んでお持ち帰りしました。
きれいに咲くといいな♪

食べ放題して詰め放題してポピーを摘んで、、、
今回のメインイベントその2は終了。

◆結局何も買わなかった。。。The・Fishでお買い物
苺尽くしとお花摘みの後はThe・Fishさんでお買い物。
併設されているバウムクーヘンの工房がすっごく気になったのですが、
結局、ここでも何も買わなかったな。。。

ちなみに、ここにも干物とかその他海産物があります。
こちらは丁寧な包装でちょっとお高め。
ただ、商品の種類はお魚センターよりも豊富だったと思います。

ものすごく大雑把にいうと、お魚センターは自宅用、
The・Fishはお土産用、という印象でした。

「あるものでいいからお安く買いたい」という方はお魚センターで、
「人へのお土産」や「いろいろな種類を」という方はThe・Fishが
おすすめかな。※あくまでも私の独断です。

◆帰りは大渋滞、行きに寝すぎて眠れず
お買いものをもって本日の行程はすべて終了。
再びバスに乗って東京駅へ向かいました。

帰りは結構な渋滞で。
約3時間くらいかかりました。
眠れたらすぐにつきそうな時間ですが、
午前中ずっと寝てたのでさすがにもう眠くなく、
行きに見られなかった景色を見ながらぼーっとしていました。

◆ツアー参加者の時間管理が素晴らしかった!
こういうツアーってだいたい時間を守れない人がいたりするのですが、
この日の参加者の皆さんは、誰一人指定時間に遅れることなく、
時には5分前には全員集合している、という素晴らしい方々でした。

集合時間まで手持無沙汰になるほどやることがない、
というわけではなく、むしろお買い物とか、下手したら
時間を忘れてしまいそうなイベントでさえ、きっちり集合。

おかげで、遅れる人を待って・・・というストレスは皆無でした。

◆次はさくらんぼか桃かビワか・・・
今回の盛りだくさんのツアー、「これはちょっと・・・」
ということもなく、すべて楽しく一日を過ごすことができました。

苺はそろそろ終わりを迎えていますが、次はさくらんぼや桃、
ビワなどが旬を迎えるようで、温泉&ホテルビュッフェつきの
さくらんぼ狩りとか、一泊ツアーとか、また狩りに行きたい・・・と思いました。

バスは時間が読めないところがありますが、乗っていれば目的地に着くし、
電車では行きにくいところにも行けるし、なかなか楽しいです。

次はどこに行こうかしら~♪

夕方の東京駅

構内の天井

【関連記事】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">