. .

管理人:nabi
現住所:神奈川県鎌倉市
生まれ:1977年

2015年2月に女児を出産しました。
鎌倉・大船での子育て満喫中。
子連れで行けるランチやお出かけスポット、
おすすめグッズなどの紹介をしています。

鎌倉に住んでいる方はもちろん、
鎌倉に遊びに来る方にも
お役にたてたら嬉しいです。

詳細プロフィール→profile

お問い合わせはこちら→お問い合わせフォーム

春メイク、始動。

Exif_JPEG_PICTURE
最近ずっと花粉にやられていて、仕事中はメガネとマスク。
顔がほとんど隠れた状態でした。
そのため、メイクもおざなりになりがち。
というか、ほとんどノーメイクに近い状態でした。

「女性としてそれはどうなのか」という思いと、
アレルシャットというまあまあ頼りになる味方(←失礼)を得て、
きちんとメイクをしようとコスメアイテムを購入してみました。

アレルシャットのレビューはこちら→花粉をブロック「アレルシャット」を使ってみました



買ったのはこちら
・REVLON PHOTOREADY プライマープラスシャドウ
515RENAISSANCE(ルネサンス)
・ヒロインメーク ロング&カールマスカラ 01(ブラック)
・EXCEL パウダー&ペンシルアイブロウEX PD05

今回の本命はアイシャドウ。

Exif_JPEG_PICTURE
私はアイシャドウは買ったらなかなか新調しません。
よくて半年に一回くらいです。
今回は、今までよりももう少し春っぽくキラキラさせたくて、
新調することにしました。

アイシャドウでは初レブロン。
PLAZAで購入しました。
色々見て、キラキラ感が良さそうだったのと、
抜け感ありつつ、締め色がしっかりしているところが
購入のポイントになりました。

色は、フェミニン系が好きなので、「フェミニングラデーション」という
そのまんまな色味を選びました。
それと、以前旦那さんとPC用メガネを買いに行ったとき、
数ある色の中から紫を一推しされたことから、私は紫が似合うのかしら、
という思いで、この色を選びました。

さて、パッケージの裏には塗り方が書いてあります。

Exif_JPEG_PICTURE
紫の締め色を目じり3分の1のところに入れるのですが、ここがポイントですね。
一歩間違えると一昔前のやんちゃなレディーになりそうです。

ちなみに今まで使っていたのはこちら。

RIMMMEL ラテアイズ005
Exif_JPEG_PICTURE
かなり使った後の汚い画像ですみません。
RIMMELのシャドウ好きですが、今回は心ひかれる色がなかったので、
購入しませんでした。

ラメ感の違いわかりますでしょうか。
こちらがリンメル。
Exif_JPEG_PICTURE
こちらがレブロン
Exif_JPEG_PICTURE
レブロン、思ったほどキラキラしないかも。
そして上から二番目の色、パレットでは紫に見えますが
塗るとそうでもないです。紫感を出そうと塗りすぎると
きつくなるので注意です。

リンメルよりも粉感があります。
そうでした、リンメルのシャドウは、粉の質感が好きでした。
ちょっとしっとり系。レブロンはさらぱら系です。

なんだかんだ言っていますが、レブロンのシャドウ気に入りました。
紫を使ったり使わなかったりでガラッと表情が変わりそうで楽しみです。
しばらく、これで過ごしたいと思います。

残り二つはリピート買い。
EXCELのまゆ墨はこれで3本目。安くて書きやすくて好き。

Exif_JPEG_PICTURE
真ん中にパウダーがあるのですが、ほとんど使っていません。
スクリューとペンシルだけでいいのですが、ペンシルが楕円なのが気に入っています。

Exif_JPEG_PICTURE
以前、プロのメイクさんに眉の書き方を教えていただいたとき、
その方が使っていたのが楕円のペンシルでした。
真似っこして探してみたら、本当に書きやすかったです。

ご参考までに、口コミで人気のKATEのペンシルは私には硬すぎ、細すぎで
うまく使えないタイプです。
EXCELの前は、エレガンスのアイブロウを使用していました。

そして、マスカラ。
いろいろ浮気しましたが、結局これに戻ってきました。

Exif_JPEG_PICTURE
そうです。お蝶夫人のマスカラです。

ブラシはこんな感じです。

Exif_JPEG_PICTURE
このマスカラ、重ね付けしたときにきれいに、しっかり付いてくれるので
気に入っています。ちなみにお湯では落ちないタイプです。
一本前がお湯で落ちるタイプだったので、ちょっとめんどくさくなりましたが、
その手間に変えられない良さがあります。

この3アイテムで春メイクを楽しみたいと思います。
会社にもちゃんとメイクをしていこう、と心に誓って。。。

【関連記事】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">