. .

管理人:nabi
現住所:神奈川県鎌倉市
生まれ:1977年

2015年2月に女児を出産しました。
鎌倉・大船での子育て満喫中。
子連れで行けるランチやお出かけスポット、
おすすめグッズなどの紹介をしています。

鎌倉に住んでいる方はもちろん、
鎌倉に遊びに来る方にも
お役にたてたら嬉しいです。

詳細プロフィール→profile

お問い合わせはこちら→お問い合わせフォーム

子育てに使える?「発達心理学」ってなに?

こんばんは。

突然ですが、「発達心理学」という学問を知っていますか?

CIMG2689

人が生まれてから亡くなるまでの生涯において

”どのように心が成長するのか”

を研究する心理学の一つです。

一口に発達心理学、といってもその内容は様々で、時には猿の実験の話なんかも出てきたりします。

赤ちゃんの時は何ができて何ができないのか
どんな経験をさせてあげればいいのか
幼児になったら?
小学生になったら?
中学生、高校生・・・・・
と、必ずしも年齢できっぱり分かれるわけではないですが、
人の心がどのように育つのかを行動観察や統計で研究しています。

赤ちゃんから大人への成長だけじゃないんですよ。
大人になった後、お年寄りになっても人は変化・成長する、
というのが発達心理学の考え方。(生涯発達心理学ともいいます)

老年期特有の心模様なんかも研究します。

さて、この発達心理学。
何のためにあるの?何の役に立つの?
と思う方もいるかもしれませんね。

私が思う発達心理学の意義は、ざっくりいうと、「人間を理解するため」です。

人って、「わからない」が一番不安。
発達心理学を知ることで、一見、わけのわからない誰かの言動が
「なるほどね」と冷静に見ることができることもあるんです。

特に、子育て中は「なんでこんなことするの?」の連続ですよね。
そんな時、発達心理学を知っていると、ネガティブに見えることも
成長の証と捉えることができるようになるんです。

そしてもう1つ。
「健康とは何か」を知るため。
これは私の恩師の言葉ですが、

病気を治すのも大切だけど、健康な人を健康なまま成長させることも重要。そのために発達心理学がある

なにかが「おかしい」と気づくのは、「正しい状態」を知っているから。
「おかしい」に気づくことができれば、手遅れになる前にケアをすることもできますよね。

私は、この発達心理学を大学・大学院の6年間、学んできました。
そして、今子育てをする中で、学んできてよかったな、知っててよかったなと思うことがたくさんあります。
それは、おむつ替えや着替えのやり方とか、離乳食の作り方とか、そういうことではなく、もっと深い心の部分。

これから、そんな「発達心理学的子育て」も、少しずつご紹介していきたいと思います。

【関連記事】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">